雨の日のウーバーイーツは稼げる!しっかり準備して稼げる日にしよう

雨の日にウーバーイーツで配達した事はありますか?雨の日は視界も悪く、濡れると不快感がすごいです。

でも、雨の日はそんな悪いことばかりではありません。

雨の日に限定で追加の報酬があったり、他の配達員が少なく注文がめちゃくちゃ入ってきたりと実はめっちゃ稼げるんです。

それだけやりたがる人がいないって事なのでしっかり準備をして雨の日も配達しちゃいましょう。

ウーバーイーツで配達員をやってみよう!

併せて読みたい

・ウーバー配達員のお釣りの準備。管理に役立つアイテムをご紹介

・ウーバー配達員のバイクの攻め方。自転車との違いは?

雨の日のウーバーイーツはどんな感じ?

ウーバーイーツは基本的に年中無休で都市によっては24時間近くの営業時間になります。

雨の日や悪天候に日は外に出たく無い人が多いので注文が増えます。しかし、配達員も外に出たく無いので配達する人は少なくなります。

台風が来たりしなければウーバーイーツが止まることは無いですが、たまに止まっています。

雨の日のウーバー配達は鳴りまくり!

雨の日は誰でも外に出たくありません。服は濡れるし視界は悪いし、不快度MAXです。

しかし、ウーバー配達員からすると注文が多く、他の配達員も少ないのでかなり注文が入ってきます。

雨が多い月は目に見えて売り上げが高くなる傾向にあります。

特別クエストや基本単価が上がる

雨の日は忙しいし、濡れるからいつも通りの報酬じゃあ、、、

しかしウーバーは大丈夫!「雨の日クエスト」や「ヒートマップ」などで1件単価が底上げされるのでいつもよりやる気が出ます。

雨の日のウーバーイーツは危険が多い

自転車やバイクは2輪なので滑りやすいです。

ウーバーでの配達は基本的に2輪なので雨の日はスリップの危険が出てきます。

また、傘を差している歩行者にも注意しないといけません。

雨の日のウーバーの注意点

稼げる日という事は分かりました。しかし、良いことばかりではありません。

雨の日のウーバーはいつもよりスピードを落とす

路面が濡れているとブレーキの効きが悪くなります。またマンホールの上はかなり滑るようになっています。

いつもの配達と同じ感覚で走っていると転倒の原因になります。

昼間でもライトを点灯させよう

昼間でもなんだか薄暗い事が多い雨の日は、昼間からライトを点灯させましょう。

これは自分の位置を対向車に教える効果もあり、見落とされやすい自転車やバイクにはかなり効果的です。

でも、昼間からハイビームはよろしく無いです。マジで眩しいです。

雨の日のウーバーイーツは注文が殺到しており遅延が発生している場合がある

配達パートナーが少ない時はお客さんの元へ商品が届くのが遅れる場合が多いです。

しょうがない事ですが、いつも頼んでるお客さんからすると「今日の配達員は遅い」と評価が下がってしまう可能性があります。

しかし、これは物理的に無理な事なので「お待たせしました」などの言葉を添えてあげましょう。

雨の日のウーバーイーツで稼ぐ方法

  1. 雨クエストを達成する
  2. ショート案件を狙ってとる
  3. 出来るだけ雨の日の稼働時間を長くする

雨の日のウーバーイーツは雨クエストを達成する

昼は10:30〜15:00、夜は17:30〜22:00までの時間帯で雨クエストは発生します。

報酬は1200円〜3600円ほど。回数は12件で単価にすると1件あたり100円〜300円増えることになります。

しかし、発生していない時もあります!アプリで確認しておきましょう。

ショート案件を狙ってとる

雨の日はヒートマップやブーストの値段が上がりやすいので、ショート案件でも単価が高い場合が多いです。

早ければ10分程度で終わる配達もあり、鳴った時にロングだと分かったら拒否してショートを待つのが雨クエストと合わせて効率がいいです。

しかし、あまり雨が降っていない時は注意です。注文がどんどん入ってくる時に実行しましょう。

出来るだけ雨の日の稼働時間を長くする

雨クエストが終わっても雨の日は単価が平日より高いです。

雨具などを用意しておいてしっかり雨の日に稼働できればそれだけでかなりの金額になります。

でも濡れることに慣れるのも必要ですし、自転車やバイクの運転も気をつけないといけないので配達に慣れてから実行しましょう。

雨の日のウーバーイーツで役立つアイテム

雨の日にしっかり稼働しようと思ったら準備をしっかりする必要があります。

その為のアイテムをいくつかご紹介します。

  1. レインウェア
  2. マリンシューズ、長靴
  3. シューズカバー
  4. 防水スマホカバー、ストラップ
  5. スマホホルダー
  6. ハンドルカバー
  7. スポーツタオル
  8. 手袋
  9. ウインドシールド、スクリーン

1 レインウェア

これがないと雨の日は稼働できません。自分の稼働時間に合わせてた値段のものを買うのが正解です。

雨の日に終日走るのであれば1万円以上のものを使うのが無難です。ゴアテックスだとなおいいですが、かなり値段が張るので財布と相談して下さい。

雨クエストだけ取りたいのであれば4時間くらいの稼働になるのでそこまで耐水性の良いものじゃなくても耐えれます。

でも、ホームセンターの安いやつだとすぐに浸水してきます。

性能は良いものより劣りますが、使用後にしっかり乾かしたりポケットの中を拭いてあげたりすれば長持ちします。安いものは長時間の稼働で浸水してくるので注意です。

服の上から着ることになるのでサイズは1〜2サイズ大きなものを選びましょう。

2 マリンシューズ、長靴

靴の中が濡れてくると歩きにくいですし、嫌な気分になります。

そんな時はマリンシューズや長靴がおすすめ。

夏はマリンシューズ、冬は寒いので長靴で稼働すれば雨も怖くありません。

マリンシューズは濡れてもすぐに乾いてくれますし、水が溜まらないので不快な感じにもなりません。

寒い時は長靴がおすすめ。カッパの裾を絞れば中まで浸水する事はありません。

しかし、見た目がダサくなってしまいますが諦めましょう。寒いよりマシです。

3 シューズカバー

いつもの靴で配達したいのであれば「シューズカバー」

雨が弱い時にわざわざ長靴を履くのもめんどくさいですし、いつもの靴なら履き慣れているので疲れにくいです。

しかし、雨が強い時には効果が薄いので注意です。

4 防水スマホカバー、ストラップ

スマホが濡れて誤作動を起こしたり、落としてしまったりが怖いので防水のカバーかストラップなどで体につけておくのが配達しやすいです。

しかし、操作性が悪くなったり写真がぼやけたりするのは避けたいところ。

スマホをすっぽり覆ってしまうので衝撃にも強いです。

しかし、サイズに注意して下さい!しっかりしている為サイズの調節ができないものがほとんどです。自分のスマホがどのサイズかしっかり確認して購入しましょう。

首掛けスタイルなら常にスマホを持っていなくてもいいので手が空いて動きやすいです。

少しダサくなりますが、配達員にかっこよさを求めている人はごく僅かですので大丈夫でしょう。

5 スマホホルダー

ピックとドロップの際に毎回スマホを外さないといけないので着脱がしやすいものがいいです。

バイクの振動でスマホが落ちてしまわない事も重要です。

自転車にも使えます。着脱しやすくて落ちない!しっかりと固定して使いましょう。

6 ハンドルカバー

手が濡れるとハンドルが滑ったり、商品を落としてしまったりと思わぬ事故が起こる可能性があります。

ハンドルカバーがあれば滑ることはありませんし、手もあったかいです。

しかし、欠点を言うならば「想像以上にダサい」ことでしょうか?

7 スポーツタオル

普段からタオルを忍ばせている方も多いと思いますが、より速く乾くタオルが使いやすいです。

普通のタオルだと濡れたら一度干さないと使えませんが、スポーツタオルなら絞ればある程度また水を吸ってくれます。

サイズは大きすぎないのが無難です。絞るのが大変になるからです。

8 雨の日のウーバーイーツ用の手袋

雨の日に素手で濡れながらの運転は手が滑ったり、寒いと手の感覚がなくなってしまうので手袋は必須です。

雨から守る性能はゴム手袋が一番効果的ですが、かなりダサいです。

防水使用のものを使ったり、防水スプレーなどで出来るだけ中まで浸水しないようにしましょう。

9 ウインドシールド、スクリーン

バイクの正面につけるパネルのようなものです。これがあると雨や風を直接体に受けることがなくなるので晴れた日でも疲れにくくなります。

しかし、やはりダサいです。バイクによってはかなりダサくなります。配達用にしか使わないバイクであれば付けることを考えてみるのはアリです。

値段が高いものが多いので財布と相談しましょう。

まとめ

雨の日は注文が多くなり、単価もいいですが外に出たくありませんよね。

しかし、しっかり準備をして雨の日に稼働するのに慣れてくれば雨の日はめちゃくちゃ稼げる日に変わります。

慣れるまでは怪我をしないように。慣れてきたらガッツリ稼いでやりましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。