一人暮らしの寝具の収納に困ってませんか?物を少なくすればかなり楽になります

一人暮らしの寝具の収納に困った事は誰しもあると思います。

最初はそこまで部屋も広くないですし、布団などの寝具は大きいので収納にも困るところです。

しかし、そもそも寝具が無ければ収納には困りません。でもいきなり床で寝るってのは難しいのでコツを紹介します。

床で寝ると身体が痛くなります。「床で寝ると腰痛い!そんな時の対策を紹介します。」こちらも参考にして下さい。

布団を干すのも大変!

一人暮らしの寝具を収納する方法

床で寝るのは慣れないと身体が痛くてうまく眠れません。でもいきなり寝具を無くすのはレベルが高いので、今の寝具をうまく収納する方法を紹介します。

いつも出しっぱなしにする

そもそも一人暮らしで収納する必要はあるのでしょうか?

毎日使うのであれば部屋の片隅に畳んでおくだけでも立派な収納です。ベッドならベッドメイクをして綺麗にしておきます。

でも、部屋が狭いとそれでも邪魔になってしまう時もあります。

押し入れやクローゼットがあるならそこに収納する

一人暮らしの部屋でも押し入れやクローゼットがあれば収納する事は可能です。

しかし、そこまで広くないので他の荷物も入れると入れるのは大変。

上下に区切る仕切りがあると他の荷物も入れやすいです。横幅が足りない事があるので押し入れの大きさをチェックしておきましょう。

季節によって使わない布団は布団圧縮袋で小さく収納

冬にしか使わない掛け布団や毛布は布団圧縮袋を使うとより小さく収納できます。

掃除機がないと使えないと思うかもしれません。でも大丈夫です。乗っかって自分の体で抑えるだけでもかなり空気を抜く事ができます。

袋に入れる前に天日干しはしておきたい所。やはり目に見えないダニもたくさんいます。

一人暮らしの寝具を収納しなくてもいい方法

部屋が広くなく、収納がない場合は寝具を収納できませんが、はじめから収納しない環境を作ることもできます。

一人暮らしの寝具を収納しない為には「床やフローリングの上で寝る」

掛け布団だけあれば寝れるので床で寝ると寝具は少なくて済みます。夏場のあったかい時なら枕だけでもいいかも。

でも、慣れないと腰や首が痛くなってしまいます。

それでも布団の洗濯や天日干し、収納を考えるとかなりコストを減らす事ができます。「床で寝ても身体が痛くない方法を紹介します!」身体が痛くない方法をこちらで紹介してます。

一人暮らしで寝具の収納をしない為には「持ち物を少なくする」

部屋の空間が少ないから大きな寝具の収納に悩んでしまいます。

でも、そもそも物が少なければそこまで悩む事もありません。そこらへんに置いておいても気にならないからです。

必要ない物を徹底して部屋に置かないようにすると、押し入れやクローゼットもスカスカになりますし、部屋もスッキリします。

何も無ければ結構広く感じます。

一人暮らしで寝具の収納をしなくて済む「床で寝る」

床で寝る事が当たり前になると、必要最低限の寝具で事足りるので収納する必要がなくなります。

でも、床で寝るのはコツが入ります。

身体を柔らかくしよう

固い床やフローリングの上だと寝返りが上手くできません。

寝返りができないと腰や首が痛くなる場合が多いです。

しかし、身体が柔らかいと寝返りが打てるので身体が痛くなりません。「床で寝ると腰痛い!そんな時の対策を紹介します。」こちらで紹介してます。

ゆるま湯で身体を温めよう

身体が痛くなるのは血行の悪さからもきています。

起きた時に身体が痛い場合はゆるま湯に入ることで痛みを軽減できる場合があります。

でも、血行が良くなればいいので、軽い運動でも大丈夫です。外を少し歩いたり、身体をほぐしたりも効果的です。「床で寝ても身体が痛くない方法を紹介します!」こちらも参考にして下さい。

床で寝るのに慣れるまで続けよう

人間は慣れると大抵の事ができるようになります。

床で寝る事に身体が慣れてくると自然と痛みも無くなってきます。

でも、それが原因で体に悪いことも慣れてしまったりするんですが。床で寝るのは体に悪くないので安心して下さい。

ブラック企業は慣れるとできちゃうから悪いですね〜

まとめ

一人暮らしの寝具は収納に困る事が多いです。

仕事や学業が忙しいのであれば、部屋は寝るだけになりがちなので出来るだけ物は少ない方がスッキリして生活しやすいです。

物が多いと掃除も時間がかかり部屋が汚くなってしまいます。「一人暮らしの掃除に役立つアイテム8選!」掃除に役立つアイテムはこちらを参考にして下さい。

床で寝る事に慣れるとどこでも寝れるのでおすすめです。挑戦してみて下さい。「一人暮らしでしっかり睡眠が取れる寝具7選!」寝具の紹介はこちら。

最後まで読んで頂きありがとうございました。