今のせどりと始めた頃のせどり

こんにちは!はちかわです!

今思うとせどりを始めた頃はなんでこんな商品仕入れたんだろうと思うことがたくさんあります。

最初は分からないことが多かったのとツールの使い方が分かっていなかったところがあったのでしょうがないですね。

過去の経験を振り返ってみること今後のためにもなると思うのでちょっと振り返ってみます。

最初はトイレットペーパーでした

一番最初に仕入れたのはトイレットペーパーでした。

仕入れた理由はもちろん利益が出ると思ったからです。実際は送料と販売手数料がかかってくると利益は残らない商品でした。

リサーチを失敗した原因は、まずせどりすとの粗利の見方が分かっていませんでした。

商品をリサーチすると赤い字で粗利が出てきます。

そこから送料と原価を引いた額が利益になるのですが、その時は分かっていなかったので赤字の数字のぶん利益が出るのだと思っていました。

本来であれば、そこから原価を引いた額が利益です。

仕入れ値は189円だったかと思います。販売は300円くらいで販売できました。

手数料で400円くらいかかり、さらに送料がかかりました。

手数料の時点で赤字です。

しかもトイレットペーパーはでかいです。送料かかります。

この商品は売れるごとに赤字の商品でした。そうとは知らずにまずは仕入れて売ってみようとやってみました。

セラーの画面を見てこんなに手数料かかるんか!とびっくりしたのを覚えています。

今はきちんと計算しています

失敗もたくさんしましたが、むしろほぼ失敗してましたがそこから経験できることは大きかったです。

この失敗で仕入れのやり方や利益の計算もしっかりできるようになりました。

せどりは利益率をあげようと思うと仕入れの量がなかなか多くできませんが、週に一つでもコツコツと利益率の高い商品を集めることが重要だと思います。

そして、仕入れたら可能な限り早く納品です

機会損失は常に起こっているので早く納品して早く販売した方が資金の回転も良くなります。

価格競争になる可能性も考えられるようになっています。

Amazonはすぐに価格競争に巻き込まれます。巻き込まれなかった場合は納品して2〜3日でほぼ売れていきます。

そういったことも計算できるようになってきたので、仕入れは少なくなってきましたが、確実に利益は残るようになっています。

失敗しないと分からないことが多いですが、失敗からは学べることがたくさんあります。

まとめ

今と昔ではあまり時間は経っていませんがやり方は結構変わってきました。

最初はとりあえず量を捌こうと思っていたので利益よりも回転を考えていました。

今はある程度の在庫は確保しているのでその在庫をキープできるように仕入れをしています。

もちろん利益の出る商品だけを販売しています。

Amazonの販売は結構安定してきています。セット本が仕入れが安定しているのでその販売が多めです。

いいことはどんどん取り入れていき、失敗したらそこから学んでいきます。

これからもどんどん失敗して改善をしていきます。

失敗は悪いことでは無いのでどんどん失敗して、どんどん成長していきますよ〜!

最後まで読んで頂きありがとうございました!お疲れ様でした。

ご質問などございましたらこちらからどうぞ。