一人暮らしの掃除をズボラな人でもできる方法!

一人暮らしの掃除はめんどくさい。しかもズボラな自分には定期的に掃除をするなんて無理だと思われていませんか?

しかし、ズボラな人でもキッカケを作って習慣にしてしまえば大抵の事はできます!

もちろん、掃除だってできます!そんなキッカケや習慣の作り方をご紹介します!

こんな部屋を維持するのはチョー大変ですww

一人暮らしの掃除をズボラな人が習慣にする方法

ズボラな人には習慣をつける事は難しいと思われるかもしれません。

しかし、そんな事ありません!

やり方さえ理解すれば誰でも良い習慣を身につけることができます。

生活の中のキッカケを作っていく

今までやっていなかった事をやり始めるのはどんな事でも心に負担がかかります。

今の生活の中の行動をキッカケにして少しの掃除をやってみましょう!

お風呂に入ったら出る前に浴室の湿気を取るや、ご飯が炊けるまでにカーペットにコロコロをするなどです。

詳しいやり方などは「お風呂掃除の頻度は?」で紹介してます。

出来なかった自分を責めずに、出来た自分を褒める

最初は週に1回とかでいいんです。そして、1回でも掃除をしたら自分を褒めてあげましょう。

今までは全然掃除をしていなかったのにちょっとでも掃除をした訳ですので、新しい事を始めたのはすごい事です。

習慣がつくまでは自分にご褒美をあげても良いですね!モチベーションも上がります。

一つでも狙って良い習慣が付けば他の習慣も付けれる

何個も習慣にするのは難しいと考えるかと思います。しかし寝る前にコロコロをする習慣が付くと、ズボラな自分でも出来るという自信にも繋がります。

他にも習慣づけたい事が狙って習慣にできるようになります。

習慣づけの最初は1つだけでいいんです。1つ習慣にしてしまえば同じ要領で他のことも習慣に出来てきます。

詳しい習慣づけの方法は「トイレ掃除の頻度は?」でも解説してます。

一人暮らしの掃除はズボラだからあまりやりたくない人は?

めんどくさいし出来るだけ掃除はしないような部屋にできないかと考えた事があるのではないでしょうか?

しかし、人間が居なくても建物とは汚れたり劣化してしまうのです。

全く掃除をしないのは「汚部屋」まっしぐら

たとえ人が住んでいなくても埃は溜まっていきます。廃墟などは人の手入れが全くされないので壁も剥がれていきます。

でも長く住んでいてもそこまで壁は剥がれないのに不思議なものです。

生活するのであれば掃除は欠かせないものになっています。

時間がかかると思うから億劫になる

掃除をやらなきゃ。と思うと途端にめんどくさくなりますよね?

でもこれはズボラだからとか関係なく、みんなめんどくさいんです。

中には掃除が好きな人もいますが、嫌いな人の方が多いんじゃないでしょうか?

出来るだけ短い時間で毎日少しづつが掃除の理想です。「一人暮らしの掃除はどうやる?」でも解説してます。

隅っこにはすぐに埃が溜まるんよ〜。これはハリネズミ。

一人暮らしの掃除をズボラだからやってなかったら?

ズボラで全く掃除をしていない部屋はどうなってしまうのでしょうか?

お金も時間もかかる結果になってしまうのでおすすめはしませんが、、、

害虫が発生する(特にゴギブリ)

一番嫌なところはここじゃないでしょうか?慣れてしまうとそうでもないですが、いきなり物陰から出てきた時はびっくりします。

でも、害虫はゴキブリだけじゃないんです。

ハエやダニ、山が近ければムカデも出てきます。埃やゴミは特有の匂いを発するのでそれに釣られて害虫はやってきます。

服や体に匂いがついてしまう

埃やゴミは特有の嫌な匂いを発します。それを部屋の中に放置しておくと服や体に匂いがついてしまいます。

人間は「嗅覚疲労」というものになりやすく、刺激の強い匂いも慣れると感じなくなる生き物なので自分では分からなくても臭い状態になってしまいます。

カビや埃でアレルギーになることも

ゴキブリも匂いも気にならない!って方もいるかと思います。

しかし、汚い部屋は健康にも害があるのです。

埃も吸いすぎで肺炎になったり、カビの影響で湿疹やかぶれなども起きる可能性が出てきます。

掃除に時間がかり、持っている物が把握できなくなる

片付いてない部屋は片付けるのにかなりの時間がかかってしまいます。

また、何を持っていたか忘れてしまうので無駄な買い物も増えてしまいお金もかかってしまいます。

一定の綺麗さは保ちたいところです。

一人暮らしの掃除がズボラになってしまう訳

では実家にいる時はちゃんと掃除できていたはずなのに、一人暮らしではなぜ掃除できなくなってしまうのでしょうか?

一人暮らしの掃除がズボラになるのは部屋を見られないから

部屋にいるのは基本的に自分だけ。

この状態だと掃除は別にいいかと思ってしまう事が多いです。汚くても慣れれば気になりませんし。

しかし、友達が頻繁に遊びにきたり、親が近くにいてたまにきたりするのであれば見られてしまうのである程度綺麗にする事ができます。

一人暮らしの掃除がズボラになるのは完璧を目指すから

掃除をやるからにはめっちゃ綺麗にしてやろうと思っちゃいますよね。

でもその勢いだけでやると途中で息切れしてしまいます。

その経験があると掃除は時間がかかるものと認識してしまい余計に億劫になってしまいます。

一人暮らしの掃除がズボラになるのは見える所に掃除用具がないから

収納がたくさんある部屋は魅力的ですよね。しかし、掃除用具も全て収めてしまうと目に入らなくなり掃除する気が出てこなくなります。

常に目に入る所に置いておけば、目に入った時にちょっと掃除ができるのですが、一人暮らしだとそれを配置するのすらやらないので掃除をしなくなってしまうのです。

掃除用具の置き場所など「一人暮らしのキッチン掃除の頻度は?」でも解説してます。

まとめ

ズボラだから掃除ができないんじゃなくて、掃除をする習慣の作り方を知らないから掃除ができなくて自分がズボラだと思ってしまうんです。

誰でも掃除はめんどくさいものです。

ちょっとでも始めたら自分を褒めてあげて小さな事を継続できるようにやってみて下さい!

最後まで読んで頂きありがとうございました。