一人暮らしの掃除はほうきで十分なのか?おすすめのほうきも紹介!

一人暮らしの掃除はほうきで十分なのでしょうか?モップや掃除機など掃除用具はかなり豊富に種類があります。

しかし、いざ掃除をしようと思ったらどれが良いのか分かりにくい部分があります。

リビングやフローリングの掃除用具によってメリット・デメリットがありますので紹介します。

掃除の頻度は「一人暮らしの掃除頻度は男だとどのくらいなのか?」こちらで紹介してます。

空は飛べないかも〜

一人暮らしの掃除をほうきでするメリット・デメリット

ほうきのメリット

  • 商品の価格が安い
  • 置くスペースに困らないのと扱いやすい
  • 掃除機の入らない細かいところも掃除ができる

ほうきのデメリット

  • 掃除できる範囲が狭く、ゴミをちりとりで回収しないといけない
  • ほうき自体が埃で汚くなってしまう
  • 拭き掃除はできないので表面しか綺麗にできない

単純にほうきで掃除をするのってめんどくさいですよね。

一人暮らしくらいの広くない部屋ならほうきで十分綺麗にできます。しかし、クイックルワイパーや掃除機を使った方が早く、綺麗にできます。

日頃のちょっとした掃除はほうきで事足りますが、しっかり掃除をしようと思ったらちょっと物足りないです。

畳じゃほうきも効果は薄いです

一人暮らしの掃除でほうき以外の掃除用具

ほうきだけじゃ心もとないですので、もっと部屋を綺麗にしようと思ったら他のアイテムが必要になります。

でも、どんなアイテムが役に立つのでしょうか?

一人暮らしの掃除のほうき以外「クイックルワイパー」

掃き掃除しかできないほうきとは違って、クイックルワイパーやモップは拭き掃除もできます。

クイックルワイパーなら細かい埃も取れますし、モップだとジュースのシミなども綺麗にできます。

しかし、どちらもほうきより割高になってしまいます。

「一人暮らしの掃除にモップは必要?メリットとデメリット」こちらでクイックルワイパーやモップの紹介もしてます。

一人暮らしの掃除のほうき以外「ロボット掃除機」

家事全般を全て自分一人でやらないといけない一人暮らしには強い味方になる「ロボット掃除機」があります。

ほうきやモップと比べるとかなり値段は高くなってしまいます。

でも、その分勝手に掃除をしてくれますし、値段の高いものだと拭き掃除もできるタイプもあります。

どんな部屋なら効果的か「一人暮らしの掃除にロボットは役に立つのか?」こちらでも紹介してます。

一人暮らしの掃除のほうき以外「掃除機」

自分で使うタイプの掃除機もほうきより早く、そして綺麗に部屋を掃除できます。

ロボット掃除機と比べると値段は安く済みますが、一番の問題はその「大きさ」です。

最近では壁掛けタイプの小型な物も登場していますが、一人暮らしの部屋だと掃除機を置くスペースにも困ってしまいます。

家具を揃えるだけでもお金がかかるのに掃除機にも結構かかるかも

一人暮らしの掃除のほうきおすすめ紹介

部屋別におすすめのほうきを紹介します。でも、自分の部屋に合っているほうきかはしっかり考えないといけません。

1 マーナ (MARNA) ほうき ちりとりセット

ちょっと掃除をする時や、細かいスペースを掃除するならこれ!

自立式で収納にも困らず、手軽にサッと掃除できます。

でも、あまり大きくないので広いエリアを掃除する時は少し時間がかかります。

2 現代百貨 ほうきとちりとりのセット ブルーム&ダストパン ポルテ

部屋全体を掃除したいなら少し大きめのほうきを使うのがおすすめです。

また、長い取手は腰を曲げなくても掃除ができて腰への負担が少ない。

ちりとりとセットにすれば自立することもでき、吊るして壁にかけることもできます。

3 イデアポート ほうき

おしゃれな部屋を演出したいのであれば、インテリアにも使えるこのほうき。

自立することもできるこのほうきなら部屋に置いてあってもインテリアと馴染みやすいです。

しかし、欠点は値段がちょっと高いところです。おしゃれはお金がかかりますね。

綺麗な部屋にはアヒルさんもニッコリ

まとめ

どんな一人暮らしの掃除にほうきが使えるのかと、それに役立つほうきの紹介でした。

床やフローリングの掃除といったらほうきですが、種類も多すぎて選ぶ基準が定まっていないと迷ってしまいますよね。

どの程度自分が掃除をするかなど決めておけば自分に合ったほうきが選べますので、まずは自分の掃除スタイルを見つけてみて下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。