一人暮らしのキッチンの掃除の頻度は?自炊の頻度で変わってくる

一人暮らしで自炊はしてますでしょうか?

毎日作らないと買って食べるのとそんなに大きくは変わらないので自炊していない方も多いかと思います。

日頃から自炊をされているのであればキッチンの掃除をしっかりしておかないといけません。

食品を扱うので野菜のクズや油などが残っているとゴキブリの発生につながってしまいます。家の中に出ただけで最悪ですよね。

そうならないように一人暮らしのキッチンの掃除方法をご紹介します。

併せて読みたい記事!

・一人暮らしの掃除はどうやる?片付けが上手くなれが掃除も楽になる

・一人暮らしのトイレ掃除の頻度は?掃除しないとどうなってしまうのか?

・一人暮らしの床掃除の頻度は?フローリングやカーペットの掃除方法をご紹介!

・一人暮らしのお風呂掃除の頻度は?しないとどうなってしまうのか?

一人暮らしのキッチンは使った後についでにちょっと掃除

トイレやお風呂同様にキッチンを使ったらちょっと掃除をするようにしましょう。

掃除道具をすぐに手の届くところに配置し、洗い物とセットでやるように習慣づけると楽にできます。

洗い物のついでにシンクを洗う

料理をした後か食べ終わった後は洗い物があります。

その流れのままシンクも全体的に洗いましょう。できれば食器用のスポンジと掃除用のスポンジを用意しましょう。

シンクの中は使うと水垢と油汚れが残ってしまいます。使ったら毎回綺麗にするのが理想です。

三角コーナーを置いているならゴミを捨て、三角コーナーも洗います。排水溝にネットなどをしてゴミをキャッチしている場合はこの時に捨てます。

三角コーナーや排水溝の生ごみはその日に捨てましょう。夏場だとすぐに虫が湧いたり悪臭がしてきます。

コンロとその周りを拭いておく

コンロの汚れは時間が経つと固くなりこびりついて取りにくくなります。ですので五徳を外してコンロ周りを使った後に拭いておきましょう。

使い古した布かキッチンペーパーで五徳とコンロ周りを拭きます。

コンロの周りの壁にも油が飛び散っている場合が多いのでそこも拭いておきます。飛び散ったばかりの油はこびりついていないのでサッと拭くだけで取れます。

一人暮らしのキッチン掃除で役立つアイテム

毎日掃除したいので時間をかけたくありません。

便利アイテムが手の届くところにあれば調理が終わってすぐに掃除できます。

キッチン周りを拭くのはマイクロファイバーがおすすめ!

使い始めは水分を吸いにくいので拭きにくいですが、何回か使うと水分も吸収しやすくなり絞りやすいのでかなり使い勝手がいいです。

汚れが他の食器などに移ってしまうことがあるのでスポンジは汚くなりすぎたらすぐに取り替えるのがいいです。

食器用と掃除用と分けられるとなおいいので色違いのものを用意するといいでしょう。

汚れても使えはしますが、汚れたスポンジで洗うと洗ったものも汚れてしまうので割り切って綺麗なものに都度交換しましょう。

一人暮らしのキッチンは週1でしっかりと掃除もしよう

コンロ周りやシンクの中を毎日掃除していればかなり綺麗な状態を保つことができます。

しかし、排水溝の中やこびりついた油汚れは拭いただけでは取れないのでしっかり掃除をする必要があります。

電子レンジの中

電子レンジの中は飛び散った食品のカスや、水蒸気による水垢がついています。

週に1回くらいは庫内を拭いて綺麗な状態を保ちましょう。

掃除方法は耐熱容器に1カップ(200cc)の水を入れそこに大さじ1の重曹を加えます。その重曹水をレンジに入れて500Wで3分〜5分加熱します。蒸気が庫内に行き渡ってもらうようラップはしないで加熱して下さい。

加熱が終わったら15分くらいそのまま放置します。

放置したら先ほどの重曹水をキッチンペーパーにつけて庫内を拭き掃除します。まだ熱いところがあるかもしれないので火傷に注意して下さい。

冷蔵庫の中

冷蔵庫の中は週1という感覚での掃除は難しいです。中に物がたくさんある時に中の掃除をするのは大変です。

ですので冷蔵庫は中の物が少なくなったタイミングで掃除をするようにしましょう。

重曹水をスプレーボトルに入れて冷蔵庫の中に吹きかけ、キッチンペーパーか綺麗な布で拭きます。

冷蔵庫の下部に結露した水が溜まっているトレイなどがある場合があるのでそこの水を捨てるのも忘れずに。放置しておくと冷蔵庫から水が出てくるようになります。

重曹の使い方

キッチンでの掃除は「重曹」が大活躍です!かなり簡単に綺麗にすることができます。

しかし、重曹を使えるようになるには重曹とはどんなものか知っておく必要があります。

重曹とは?

重曹は「炭酸水素ナトリウム」という物質です。白い粉末でドラッグストアや100均、ネットでも購入できます。

  • 工業用
  • 食品用
  • 薬品用

と種類がありますが、「食品用」を選ぶと安心です。一応、掃除用のものを食べてしまってもすぐにどうこういうことはないですが、健康にはあまりよろしくないですね。

重曹水の作り方

・重曹大さじ1(15g)
・水 100cc

混ぜるだけです。とても簡単。
作り置きすると効果が薄くなってしまうのでその都度作りましょう。
スプレーボトルに重曹と水を入れて振って混ぜてしまえばそのままふりかけて使えます。

重曹での掃除方法

主な使用法は3通りあります。自分のやりやすい方法で、汚れの具合に応じて変えていくのがいいでしょう。

1 汚れに振りかけて擦る

重曹の基本的な使い方は粉の状態で振りかけて擦ります。

振りかけた重曹が汚れによく付着します。後は上から擦るだけで粉が汚れをかき出しながら落としてくれます。

2 水に溶かして使う

床や壁など、粉の重曹が使いにくい場所を綺麗にするのには、水に溶いた重曹をスプレーなどで使うのがオススメ。

水に溶けにくいのでしっかり混ぜて使いましょう。

3 お湯に溶かして使う

頑固な汚れには重曹水を温めてから使うのがオススメ。

重曹は高い温度にするとより油汚れを分解する力が高まります。

五徳やダクトの油汚れに最適です。

一人暮らしだから自炊しない人はどう掃除するのがベスト?

一人暮らしだと毎日自炊を必ずするという方は少ないと思います。外食も多めとなるとキッチンを使う頻度も少なくなります。

そういった方はどのくらいの頻度で掃除するのがベストでしょうか?

頻度が少ないならその都度掃除!

綺麗に見えてもコンロを使ったり野菜を切ったりすると水や油がちってしまい汚れてしまいます。

ですのでその都度掃除をするのが望ましいです。

重曹を使ったガッツリの掃除でなくて毎日のついでの掃除を使うたびにやるように心がけましょう。

一人暮らしの毎回掃除をするメリットとデメリット

5分もかからない程度のちょっとした掃除を毎回する事はいい事が多いです。

是非習慣にして一人暮らしの自炊を楽しみましょう!

毎回掃除をするメリット

  • キッチンがいつも綺麗になり料理をする気分になる
  • 生ごみや汚れが溜まらないのでゴキブリが来なくなる
  • 自炊する回数が増えれば節約になる
  • 自炊する回数が増えるので作れるものが多くなる
  • 友人を家に招く時のが抵抗が少なくなる

キッチンは油や食品を使うのでカスが残っていたり壁に油が散ったままにしておくとゴキブリがきてしまうかもしれません。

しかし、毎回綺麗にしていればそういった心配もありません。

また外食よりも自炊をした方が経済的です。同じ金額の食品を買ったとしても量は2倍くらい作れるので食費の節約にもなります。作っていれば作れるものも多くなってきます。

そして、綺麗なキッチンだと友人などを招いてたこ焼きパーティーなんかもできるかもしれません。

毎回掃除をするデメリット

  • 料理を作った後だと少し冷めてしまう
  • 綺麗じゃなかったら気になるようになってしまう
  • 買い揃えるものが増える
  • めんどくさい

習慣になるまではかなりめんどくさいと思います。

いつも自炊する訳ではない方は少し使ったくらいなら掃除はしないと思いますが、実はいつもやらない方が掃除はした方がいいです。汚れが残ったままになってしまいますから。

作った料理はすぐに食べたいですよね。外食で全て片付くなら全て外食も一人暮らしならアリかもしれません。食費はかかりますが。

まとめ

自炊をするならしっかりキッチンも掃除したいですね。

使った後は掃除をする習慣がしっかりとつけばめんどくさい気持ちも少なくなります。

コツは「毎日する事です」自炊をして掃除をするのを毎日するとすぐに習慣になります。

結果的に自炊をして節約になり、キッチンも綺麗な状態を保つことができます。

掃除アイテムを揃えて綺麗なキッチンで料理をしましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。