ウーバーイーツ配達員はうざい?!なぜ嫌われているのか

ウーバーイーツ配達員がうざいと思った事がある人は多いと思います。

街中での自転車や接客中にも関わらず声をかけてきたりと、うざいと思う時もあります。

しかし、なぜいつまで経ってもうざいと思う配達員が多く、嫌われがちなのでしょうか?

この記事では

・ウーバーイーツ配達員がうざいと感じてしまう理由

・うざいと感じてしまうウーバーイーツ配達員がいなくならない訳

・このウーバーイーツ配達員、うざいな、と思われないようにする対策

こちらを紹介します。

世間からは嫌われがちだぜ!

田舎でもウーバーはやっていけるのか?「ウーバーイーツ配達員を田舎でやっても稼げるのか?」こちらで紹介しています。

ウーバーイーツ配達員がうざいと感じてしまう理由

なぜうざいと感じてしまうのか?

・自分の都合だけで稼働している人がいるから

・交通ルールなどの社会のルールを分かっていない場合がある

・楽して稼いでると思われている

・自分の都合だけで稼働している人がいるから

配達員は早く配達を完了すればその分稼げます。

しかし、接客中や忙しい時に「ウーバーです。商品が出来てないならキャンセルしますよ」

みたいな事を言ってしまう人もいます。

待たせて迷惑をかけてやろうと思っているお店なんてほとんどありません。

お互いに協力できない人が自分勝手な行動をしてしまうのでうざいと思われてしまいます。

配達員も遅い時があるし、お互い様だぜ!

底辺と呼ばれる理由にもなっていると思います。「ウーバーイーツ配達員が底辺と呼ばれる理由」こちらで紹介しています。

・交通ルールなどの社会のルールを分かっていない場合がある

自転車での稼働なら免許証は要りません。

でも、免許証を持っていないという事は交通ルールの勉強は特にやっていないと言うことになります。

実は自転車も軽車両と分類されるので標識などの情報を知っていないといけませんが、日本では特に必修ではないので知らない人もいます。

違反をしている意識がないのに危険運転をしている人がいるのはそのせいです。

・楽して稼いでると思われている

運送業全般に言えますが、お客さんは商品を受け取る時しか配達員と会う機会がありません。

物を運ぶだけで楽な仕事と思っている人がまだまだ沢山います。

でも、実際にやってみると頑張らなければ思うように稼げません。

公園などで待機してるのを見て、暇そうで楽そうだと思うのでしょう。

本当に楽ならもっと沢山の人がやってるぜ!

エリア外にも配達をしないといけない場合もあります。「エリア外の配達はウーバーイーツ配達員だったらどうすればいいのか?」こちらで紹介しています。

税金の事で分からない事があるならプロに相談しましょう!

  • 確定申告のやり方が分からない
  • 青色申告がしたいけど何を準備すればいいのか
  • 帳簿の処理や経費の計上はどうやるのか

分からないままにしておくのは危険です。まずは相談してみましょう。

うざいと感じてしまうウーバーイーツ配達員がいなくならない訳

なぜいつまでたってもうざいと思われているのか

・どんどん新しい配達員が増えて辞める配達員も多いから

・間違いを訂正してくれる人がいない

・面接等がないので配達員の質が良くならない

・どんどん新しい配達員が増えて辞める配達員も多いから

ウーバーイーツは常に配達員を募集しています。

その理由は多過ぎても問題にならないからです。さらに辞める配達員も多いからです。

新しい配達員は仕事に慣れていませんし、間違った行動をしてしまうかもしれません。

その循環が未だに続いているのでうざい配達員がいなくならないのです。

配達の質が悪い配達員が辞めさせられる事はあるぜ!

・間違いを訂正してくれる人がいない

雇われていないので上司や部下といった概念はありません。

普通であれば失敗したり間違ったりすると上司に怒られますが、ウーバーイーツ配達員は怒られる事はないです。

でも、いきなりアカウントが停止して辞めさせられる事はあります。

改善する機会を自分で見つけないといけないので、分からない人はずっと分からないままになってしまいます。

・面接等がないので配達員の質が良くならない

配達員を始める時は必要な書類を準備するだけで、面接などはありません。

しかし、そのせいで常識の無い配達員が出てきてしまっています。

本人が非常識と理解していない所が厄介なところで、自分でも何を治せばいいのか分かっていない場合が多いです。

面接で言葉遣いや態度をみると違うと思います。でも、今は面接なしで配達員になれます。

人件費もかかるから面接はもう無いと思うぜ!

実は高校生でもウーバーイーツ配達員になれる場合があります。「高校生でもウーバーイーツ配達員になれる?!注意点も紹介!」こちらで紹介しています。

個人事業主の損害賠償保険は「フリーナンス」がおすすめ!

  • 登録無料でずっと0円
  • 最大補償額は5,000万円
  • 条件が合えば即日振り込みも可能

事故や病気は会社員よりもダメージがでかいのでまずは入っておきましょう。

このウーバーイーツ配達員、うざいな、と思われないようにする対策

うざいと思われないようにするには

・言葉遣い、態度に注意する。あくまで仕事中です

・交通ルールを守れるように把握しておく

・自分は急いでも他人を急かさない

・言葉遣い、態度に注意する。あくまで仕事中です

うざいと思われる一番の原因は「態度」にあります。

商品が出来上がるまで待っている時の態度、商品を受け取る時の態度、配達途中の態度。

自分の思っているより大きなカバンを持っている分、周りからは見られています。

さらに、お店の方とお客さんへの言葉遣いも重要です。

この2つを気をつけるだけでも印象はかなり良くなります。

お店の店員さんを真似するといいぜ!

横柄な態度だと怖いと思われてしまうかも。「ウーバーイーツ配達員が怖いって感じた事ありませんか?」こちらで紹介しています。

・交通ルールを守れるように把握しておく

配達をする際は自転車やバイクなどの車両を使います。

ただ、一部の地域では徒歩での配達もできます。

でも車両を使うのであれば交通ルールはきちんと把握しておかないといけません。

よく見る標識の意味くらいは調べておきましょう。

制限速度30キロ、駐車禁止です

・自分は急いでも他人を急かさない

早く配達を完了できればその分稼ぐスピードも上がります。

急ぎたい気持ちは分かりますが、店員さんを急かすのは良くありません。

商品が出来ていない事に文句を言ったところで出来ていない時は受け取れません。

自分の対応をしなくて良くなる分、黙って待った方が早くできる可能性が高いです。

運転以外の細かい動作を早くすれば配達も早くなるぜ!

ウーバーイーツ配達員がうざい「まとめ」

・楽して稼いでると思われているが、言うほど楽じゃない

・配達員の入れ替わりが激しいのでうざい配達員は減らない

・言葉遣いと態度を気をつければうざいと思われにくい

横断歩道で信号待ちの時、横にでかいカバンを背負った自転車がきて、信号が変わると同時に目の前をギュン!と行くとびっくりします。

意識は薄いですが、配達員は結構周りに見られている事を自覚しないといけません。

でも、それを指摘する人間がいないのも事実です。

自分はうざいと思われないように注意して配達しましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。