ウーバーイーツ配達員の乞食は評価が下がります

ウーバーイーツ配達員は乞食と言われる事があります。

なぜ乞食と言われるのかは「チップ」を欲しがる事からです。

数十円のチップを欲しがるから乞食と言われてしまいますが、この行為はかなり印象が悪いです。

この記事では

・ウーバー配達員が少額でもチップを欲しがる理由

・声に出してチップが欲しいと言うとなぜ印象が悪くなるのか

・ウーバー乞食と思われる事のデメリットは?

こちらを紹介していきます。

配達員が怖いって感じた事はありませんか?「ウーバーイーツ配達員が怖いって感じた事ありませんか?」こちらで原因を紹介しています。

プライドがある人は乞食と思われるとツライぜ!

ウーバーイーツ配達員が乞食と言われてもチップを欲しがる理由

チップを欲しがる理由

・単純に売上が増えるから

・お願いするだけなので、今以上に労力を使わなくていい

・貰える事が少ないので貰えると嬉しい

・閑散期はマジで売上が厳しいから

・単純に売上が増えるから

配達料金は距離によって変動しますが、そこまで変化はありません。

しかし、チップが貰えると1件あたりの単価も上がりますし、チップの数が増えれば結構な額になります。

いっぱい稼げたら嬉しいですよね。

チップは注文した料金の何%かで支払えるぜ!

・お願いするだけなので、今以上に労力を使わなくていい

今まで通りの仕事をしていて、それでチップが貰えれば労力を増やさずに売上は増やす事ができます。

声かけるだけはタダ精神でお願いしているのだと思います。

しかし、タダより安いものはないともいいます。

自分の印象と評価を犠牲にしていると認識しましょう。

可愛い子は大丈夫かも。おのれ邪気王。

・貰える事が少ないので貰えると嬉しい

1日30件配達するとチップを頂けるのは1〜2件です。そこまで多い割合ではありません。

でも、自己紹介の欄などにチップを下さいと書いていて1日に1件でも貰える事が増えると嬉しいですよね。

貰える事がレアだからこそ嬉しさも大きいです。

ありがとうの気持ちだから、催促するのはちょっと違う気もするぜ!

・閑散期はマジで売上が厳しいから

人の活動しやすい気候の時は、閑散期となり注文数が減ります。

注文が少ないと売上も少ないので、閑散期は人によってはかなり厳しい時期になります。

でも、その中にチップがあればかなり助かります。生活の為ならお願いしたい気持ちも分かります。

注文が来ないと売上はゼロです。

「フリーナンス」はフリーランスでも入れる無料の損害賠償保険です。

ウーバーのような個人事業主でも入れます!もしもの為に入っておくと役に立ちます。

ウーバーイーツ配達員が乞食のように声に出すとなぜ印象が悪いのか

チップが欲しいと言うと印象が悪くなる理由

・催促されて渡す物と思われてないから

・日本にはチップの文化がないから

・催促されて渡す物と思われてないから

チップはやってもらったサービスに対しての感謝の気持ちをお金で伝えている行為です。

しかし、その行為を催促されるとあまりいい気分にはなりません。

当たり前にチップを渡しているなら、渡さない方がおかしいとなりますが、日本は違います。

日本は提示された対価以上にお金を払う事がほとんどないぜ!

・日本にはチップの文化がないから

そもそも日本には良いサービスをしてもらったらチップで気持ちを伝えると言う文化がありません。

それが悪いとは言いませんが、ウーバーはアメリカ発のサービスなので、その部分は日本ではうまく機能していないように感じます。

チップはお金だけじゃないぜ

ウーバーイーツ配達員が乞食と思われるデメリットは

乞食と思われてしまうことのデメリット

・評価が低くなりがちになる

・SNSなどに晒される可能性がある

・売上は増えないが、印象は悪くなる

・評価が低くなりがちになる

チップを催促してしまうと、乞食のように思われてしまい評価が下がってしまう原因になります。

評価は売上には特に影響ありません。しかし、低くなりすぎるとアカウント停止の危険性が高まります。

評価が低くなるのは良いことではないです。「ウーバーイーツ配達員がアカウント停止した時の対処法」詳しくはこちらもご覧下さい。

評価は良いに越したことはないぜ!

・SNSなどに晒される可能性がある

プロフィールの欄にチップをお願いしますなどの文言を入れていると、それをTwitterなどのSNSに晒される時もあります。

個人が分からないように投稿はされますが、場合によってはバレてしまう可能性もあります。

同じ配達員によくみられる現象です。「ウーバーイーツ配達員が晒しにあう時はどんな時?」他にはこちらも参考にして下さい。

・売上は増えないが、印象は悪くなる

チップを催促したからといって、その分貰える訳ではありません。

そんなに変わらなかったりします。しかし、印象は悪くなってしまいます。乞食みたいと思われてしまうからです。

催促しなくてもチップをくれる人はくれます。

コツは良いサービスをする心掛けからだぜ!

ウーバーイーツ配達員の乞食は評価が下がります「まとめ」

・配達員は売上が上がるし、貰わないと厳しい時期もあるので乞食のようになる場合がある

・日本にはチップの文化がないので、催促されると印象はかなり悪くなる

・評価が下がるとアカウント停止に繋がったりするので、催促するのは得策ではない

チップが当たり前の国でできたサービスなので、日本には合わない部分もあるかもしれません。

しかし、アメリカで当たり前だから日本でもチップを寄越せと言ってしまうと、乞食と思われ良い印象になりません。

1月で考えると1万円くらい変わってきますが、無駄遣いを減らせば耐えれる金額でもあります。

浸透するか分かりませんが、チップの文化ができるのを待つしかないですね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。