Amazonは最低価格に一致!最初はとにかく回転を意識 〜価格の自動設定〜

こんにちは!はちかわです!

Amazonのセラーとなり販売を始めるにあたりリサーチも大切ですがこちらに関しては数をこなせば誰でもできます。

仕入れができればそこからAmazonの倉庫へ納品するだけです。

そのあとの販売に関し、出来るだけ高く売りたいですがここはしっかりと最低価格をキープしましょう!

商品登録の時点では価格が変わっていなくても納品した時には変わっているっていうのはよくあります。

Amazonのセラーセントラルには価格を自動設定できる機能があります。

価格の自動設定を使おう

自動設定のルール

Amazonのセラーページにはメニューに価格の欄があります。

そこには「価格の自動設定」の欄があり、そこから細かい設定ができます。

まずはルールの名前をつけます。

自分の分かりやすいものがいいでしょう。カート価格を追いかけるや、最低価格より指定した分安く、みたいな感じです。

他にもAmazon以外のサイトの価格を参照することもできます。

名前を決めたらその名前の通りルールを設定します。

今回は常にカートボックス価格に合わせる場合でいきましょう。

比較対象の価格をカートボックス価格

実行する価格設定操作をカートボックス価格と同じに。

次に比較する商品の種類を決めます。

Amazonに出品している全商品か、特定の商品かです。

最後に他社サイトとの比較するかを決めます。

ここはまずはAmazonだけでの比較で大丈夫だと思いますので、いいえにチェックをしておきましょう。

SKUを選択・上限、下限価格の設定

次に決めたルールをどのSKUに設定するか決めていきます。

最低限のルールを決めたのでどの価格の動かせるかを設定します。

上限と下限を決めるだけなので簡単にできると思います

カートボックス価格に沿って価格を自動で設定してくれる間を決めます。

価格競争が起こりどんどん安くなっていく最中にカートボックスに価格を沿わせていけば下限に行く前に大体売れてくれます。

なのでここは原価割れしない価格を下限値にして設定しておきましょう。

価格の自動設定の開始

ここまでの設定が完了したら最後に設定を開始するだけです。

右側にプラスのボタンがあるのでそこをクリックすると自動設定を開始してくれます。

自動設定が開始されると矢印のボタンに変わります。

変更や停止するときはこの矢印のボタンを押せば変更できます

まとめ

最初は出品した際に決めた最低価格のまま放置していましたが、一度価格競争に巻き込まれると在庫が少なくなるまで売れることはありません。

ライバルの在庫数にもよりますが、正直売れなくなるという認識でいいかと思います。

そういった不良在庫が残ってしまう前に少ない利益になってしまいますが、回転を考えて素早く売り抜いてしまいましょう。

仮に送料も合わせると原価を割ってしまったとしてもそこは損切りと割り切ります。リサーチとそういった価格の流れが理解できるように慣れば損切りも少なくなります。

Amazonの納品に慣れてきたら次はしっかりと価格の自動設定をしておきましょう。

在庫が残っていると資金の回転が悪くなるので最初の資金が少ないときは必須だと思います。

心配のある方は価格改定ツールも数多くあるので使ってみるのもいいかと思います。有料になりますが・・・

最後まで読んで頂きありがとうございました。お疲れ様です。

ご質問などございましたらこちらからどうぞ。