稼いでる人は考え方が違う。年収別で3つのポイント!

生活するにはお金が必要ですし、好きな事をしたり好きなものを買ったりするのにもお金が必要になってきます。

誰しもたくさん稼げたらいいなと思っていると思いますが、そもそも稼いでいる人とそこまで稼いでない人では考え方が違います。

稼ぐにつれて段々と成長していけばいいとも思えますが、目指すところが違うので考え方、行動の仕方が変わってきます。

そんな考え方を3つの年収別に分けて書いていきます。

年収1000万までの考え方

まずは年収1000万までの考え方です。

これは300万くらいの人もほぼ同じ考え方になると思います。

ここまでの方達は基本的に『自分が働いて稼ぐ』と考えています。

長い時間、いろんな仕事をしっかり働いて時間を対価に賃金を得ている。という考え方です。

残業もしっかりすればブラックでない限りは収入は上がります。責任のある立場になればそれで職務手当などもあります。

基本的に自分が動いて、行動して収入を増やしていく考え方です。

年収1000万までは頑張ればいけると思いますが、そこで頭打ちになってしまうのもこのやり方です。

会社員という形が多くなると思いますので、ライバルが多いのがネックです。

また自分の時間を使わないといけないところが多いのもしんどいところです。

ただ、会社員なら爆発的には伸びないですが安定した収入を得る事ができるという良いところもあります。

自分が働けなくなると収入が止まってしまうのがデメリットです。

年収5000万からの考え方

次に年収5000万くらい稼いでいる人はどんな事を考えているのでしょうか?

自分一人の労力では1000万が限界だと述べましたが、その仕事を他人に任せていく人達になります。

自分のノウハウを共有していわば『自分の分身を作る』人達になります。

自分一人では限界のあった収入も何人かでやればその分効率も上がりますし、収益にも繋がります。

完全に分身にするには時間がかかりますが、考え方を共有したり自分を信頼してもらう事によって質は上げていけます。

ここまで来るのはいわゆる『社長』クラスの人になります。

社長は会社の仕事を社員に任せてやってもらっています。

立ち上げた当初は自分でやっていた仕事も多いと思いますが、段々と任せられる仕事を任していきさらに新しい事をやっていった結果です。

他人に自分の考え方を共有するのは時間がかかりますし、必ずしも共感してもらえないかもしれません。

また、信頼を得る事が出来ない場合は辞めていってしまう事もあります。

時間がかかるところではありますが、効率的に作業するのであれば分担するのがベストです。

年収1億以上の考え方

ここまでくるとちょっと雲の上の人な感じがします。

年収1000万までの人達は自分の時間をお金に変えている人達。

年収5000万からの人達は仕組み化する事で作業効率をあげ、収益を増やしていく人達。

年収1億以上の人達はその『仕組みをパッケージ化して販売』している人達になります。

収益の安定した会社を売る事や、経営システムを売るなんかがそれに当たります。

ネットとかでよく見る100万円かかる高額コンサルなんかもそれに近いものになります。

100万円の商品を1年で100人に売る事が出来れば年収1億円に届きます。

自分が働く事を辞めた人達とも言えるでしょう。

自分が働かなくていい為にはどうすればいいか?自分の時間をほとんど自分の為だけに使うにはどうすればいいか?

これを考えた結果がここに辿り着くのです。

一度パッケージとして商品を作ってしまえば、その会社やシステム、ノウハウが結果を出してくれている限り収入は入ってきます。

そこからの収益でまた新しい会社やシステムを作ればどんどん年収を増やす事ができるでしょう。

ここまでは割と労働の面で考えていきましたが、年収1億円の人達の中には『投資家』の方が多いです。

お金に働いてもらい複利でガンガン資産を増やしていく人達です。

これを身につけるには莫大な時間とお金が必要なので、できるならもう稼いでる人に教えてもらうのがいいでしょう。

タダで教えてくれる人がいるかどうかは分かりませんが。

まとめ

年収別で考え方の違いを見ていきました。

言える事は年収が上がるにつれて段々と成長しているのではなく、そもそもの考え方が違うというところです。

学生から社会人になった時は、『働かざるもの食うべからず』とはよくいったものですが、真に稼ぐにはいかに働かないかが重要です。

矛盾しているようにも感じますが、これが今の社会の事実です。

ただがむしゃらに頑張って働けば富豪のような裕福な人になれる時代は終わっています。

いかに仕組み化するか、それをいかにパッケージ化して販売できるかが重要です。

そこまで稼がなくてもいいという人が大半かと思います。

実際に私の周りの人も年収700万くらいあればいいよと言っていますが、もし明日クビになってしまったら収入ゼロです。

また一から年収300万から始めないといけません。

パッケージ化していれば売れなくなるまでは収入が入り続けます。

投資もしていればそこからも収入があります。

ここまできてとりあえずすぐには死ぬ事ないなと安心できるかと思います。

世界の変化は年々早くなっています。

なんとか生き残れるように頑張っていきたいですね。

最後まで読んで頂きありがとうございました!お疲れ様です!