一人暮らしの掃除で洗剤はどれがいい?おすすめも紹介!

一人暮らしの掃除の洗剤はどれがいいのでしょうか?どんな洗剤が必要なのでしょうか?

ドラッグストアなどに行くと売っていますが、如何せん種類が多すぎて困ってしまいます。

しかし、いちいち試していたら時間もお金もかかってしまいますので、どんな洗剤が必要か紹介します。

みるみる汚れが落ちていくのを見ると掃除が楽しく感じるかも。「一人暮らしの掃除は楽しいの?楽しいと感じる瞬間は?」こちらでも紹介してます。

種類多すぎるよ〜。何が違うか分からん。

一人暮らしの掃除の洗剤は何が必要?

最低限、一人暮らしに必要な洗剤は何なのでしょうか?

食器洗剤、お風呂の洗剤、漂白剤など、洗剤の種類は様々です。しかし、選ぶ基準が分かりません。

ポイントは汚れの種類を知っておく事です。家の汚れのほとんどは「酸性」の汚れです。

つまり、「アルカリ性」の洗剤ならほとんどの場面に対応できると言えます。

一人暮らしの掃除の洗剤「アルカリ性」

汚れが「酸性」というのは汚れが「油汚れ」がほとんどという事です。

自分の皮脂の汚れや料理の油、汗や尿などの酸性です。

まず必要になるのは「酸性」の汚れを落とす「アルカリ性」の洗剤です。

代表的なものは「石鹸」です。赤箱です。

しかし、それだけでは少し心もとないです。

一人暮らしの掃除の洗剤「酸性」

逆に「アルカリ性」の汚れはどのような物でしょうか?

石鹸カスの汚れ、水垢、アンモニア臭などが挙げられます。お風呂やトイレの掃除にはアルカリ性の洗剤だけでは足りません。

でも、「アルカリ性」の汚れは上記で挙げたくらいしかありません。

「酸性」の汚れを落として落ちなかったら「アルカリ性」の汚れと分かるので分かった時に掃除するのがいいでしょう。

クエン酸が洗剤としてよく使われています。

一人暮らしの掃除の洗剤「中性」

「酸性」と「アルカリ性」があるなら間の「中性」存在します。

この洗剤はカビや雑菌に効果があり、除菌などにも使えます。

揮発性も高く、水気を嫌う床や壁にも使えます。そう、「アルコール」です。

しかし、綺麗にする効果は弱く、頑固な汚れには向いていません。

役割を決めて洗剤を選ぼう!

一人暮らしの掃除の洗剤、オススメ3選!

「アルカリ性」「酸性」「中性」の3種類の洗剤があれば家の掃除はほとんどできます。

それぞれおすすめの洗剤を紹介していきます。しかし、汚れのほとんどは「酸性」なので、とりあえずは「アルカリ性」があれば問題ありません。

アルカリ性のおすすめ洗剤

実は日常の掃除で使う洗剤の大半は「アルカリ性」です。食器用洗剤や石鹸もアルカリ性です。

効果の高いものは「漂白剤」や「苛性ソーダ」などがあります。でも皮膚が溶けるレベルです。扱いには注意しましょう。

掃除に使うならダントツでオススメなのは「重曹」です。

アルカリ性ですが濃度はそこまで濃くなく、肌にも優しいです。

しかし、粉末なので少し使いにくいです。60℃くらいのぬるま湯なら溶けやすいので溶かしてそれでシンクの中を吹いたり、五徳をつけておいて油汚れを落としたりできます。

重曹の使い方は「一人暮らしのキッチンの掃除の頻度は?自炊の頻度で変わってくる」こちらでも詳しく紹介してます。

酸性のおすすめ洗剤

実はあまり多くない酸性の洗剤です。酸性の汚れが多いので少ないのは当たり前ですが。

しかし、酸性の洗剤も扱えるとほとんどの汚れに対応できるので準備はしておきたい所です。

水垢にはクエン酸がおすすめ。自然由来の成分なので肌にも優しいのが嬉しい。

でも、全く手荒れをしない訳ではないので、皮膚が弱い方は手袋をした方が無難です。

使い方は粉末のまま汚れにかけてスポンジ等で擦るか、水に溶かしてスプレーなどで汚れに吹きかけて下さい。

重曹のような「アルカリ性」の洗剤と一緒に使ってしまうと「中和」してしまい、本来の洗浄効果を発揮してくれない事があります。注意しましょう。

中性のおすすめ洗剤

食器洗剤に多い「中性洗剤」です。洗浄効果は少ないですが、肌に一番優しいので使い勝手はいいですね。

アルコールスプレーといえばこれ!見た事がある方も多いのではないでしょうか?

指先の消毒によく使用されています。しかし、テーブルを拭いたり、ちょっとした掃除にも活躍するのがアルコールです。

肌はもちろん、ドアや壁、窓などに使っても傷む事はありません。困ったらとりあえずアルコールを吹きかけて拭くのがベストです。

お酒は糖質が入っているので逆に汚れてしまうかも

まとめ

とりあえずあったら掃除には困らない洗剤を紹介しました。

実は綺麗なパッケージの洗剤がたくさんありますが、重曹とかめっちゃ安いんですよね。100円ショップにも売っています。

試しに買ってみても損はないのでまずは挑戦してみたいところです。

洗剤を選ぶ基準が決まっていれば他の商品を買う時の判断基準にもなります。

掃除の頻度などは「一人暮らしの掃除頻度は男だとどのくらいなのか?」こちらで紹介してます。

それとチェックリストを作ると効率も良くなります。「一人暮らしの掃除はリストを作ってやろう!」こちらで紹介してます。

色々と試してみるのも面白いです!

最後まで読んで頂きありがとうございました。