ウーバーイーツ配達員の雇用形態はどうなっているのか?

ウーバーイーツ配達員の雇用形態はどのような形になっているのでしょうか?

アルバイト求人誌での募集もあり、空いた時間にお小遣いを稼ぐ事ができると聞くと、アルバイト?とも思ってしまいます。

でも、実は会社員でもアルバイトでもないんです。

この記事では

・ウーバーイーツ配達員の雇用形態は「個人事業主」

・法人契約の雇用形態もウーバーイーツ配達員にはある

・ウーバーイーツ配達員の雇用形態だと税金はどうなるのか

こちらを紹介します。

分かりにくい部分だぜ!

ウーバーイーツ配達員の職業は何になるのか知ってますか?「ウーバーイーツ配達員は職業として何になるのか?」こちらで紹介しています。

ウーバーイーツ配達員の雇用形態は「個人事業主」

会社員でもアルバイトでもない

・ウーバーイーツ配達員は個人事業主

・給与所得ではなく事業所得

・雇われている事と委託されている事の違い

・ウーバーイーツ配達員は個人事業主

どこかの会社に所属している訳ではないので、個人で仕事を請け負っているウーバーイーツ配達員は個人事業主です。

ウーバーとは雇用関係にはないです。ですがウーバーから仕事を委託されて配達をしています。

付き合う人数が少ないので煩わしい人間関係が無くて好きと言う人も多いです。

個人で仕事を取ってくる訳ではないぜ!

・給与所得ではなく事業所得

分かりにくいですが、一番違う所は給与所得ではない所です。

個人事業主の事業での所得として考えられますので事業所得になります。

会社員やアルバイトは給料をもらいますが、ウーバーイーツ配達員は報酬と言います。

・雇われている事と委託されている事の違い

業務委託で仕事をする場合は雇用保険や社会保険は自分で何かしらの保険に入らないといけません。

しかし、雇われだと特に正社員は必ず保険に入っているといっていいでしょう。

事故や病気で働けなくなった時の補償があるかないかの違いが大きいです。

ウーバーは働けなくなったら収入がゼロになるぜ!

規約を守っていないと通報されてしまうかも。「ウーバーイーツ配達員が運転代行で通報されてしまったら」こちらで紹介しています。

個人事業主の賠償保険は「フリーナンス」がおすすめ!

  • 登録無料でずっと0円
  • 最大賠償額は5,000万円
  • 条件が合えば即日振り込みも可能

事故や病気だと収入がゼロになってしまうかも。とりあえず登録しときましょう。

法人契約の雇用形態もウーバーイーツ配達員にはある

会社に属するやり方もある

・ウーバーイーツは法人契約で稼働もできる

・法人契約の会社に雇われる方法もある

・報酬は出来高ではなく時給になりやすい

・ウーバーイーツは法人契約で稼働もできる

個人でアカウントを作って稼働するのが副業でもできますので多いです。

でも、法人契約をして会社として働く事もできます。

その代わり、稼働しないといけない時間は決まっており配達報酬も少し少なくなってしまいます。

法人については「ウーバーイーツ配達員の法人は稼げるのか?」こちらで紹介しています。

1人でやる前提の契約じゃないぜ!

・法人契約の会社に雇われる方法もある

ほぼ毎日12時間以上の稼働が要求される法人契約は複数人で回す事が前提です。

それをシフトで募集している会社に雇われる方法もあります。

しかし、時給になりますので頑張って配達しても報酬は変わりません。

中には何件以上はプラスでボーナスがあったりしますが、いつも短い距離の配達ばかりではないので再現性が低いです。

・報酬は出来高ではなく時給になりやすい

雇われると時給になりやすいのは、差額が会社の取り分になるからです。

そもそも配達に自信があるなら最初から歩合制を選ぶので個人でアカウントを作るでしょう。

確実に時給分が欲しい時はそういった募集を探してみてもいいかもしれません。

中には良い条件の会社もあるぜ!

ストーカーまがいの配達員もいるようです。「ウーバーイーツ配達員がストーカーに?!危ないサービスなのか?」こちらで紹介しています。

税金の事で分からない事があるならプロに聞くのが一番!

  • 確定申告のやり方がさっぱり分からない
  • 青色申告がしたいけど何を準備すればいいのか分からない
  • 帳簿の処理や経費の区分が分からない

分からないままにしておくのは危険です。まずは相談してみましょう!

ウーバーイーツ配達員の雇用形態だと税金はどうなるのか

補償や税金はどうなるのか

・確定申告を自分でしないといけないので税金は自分で払う

・副業でやる場合も自分で申告しないと会社に負担がかかってしまう

・補償も不安が残るので自分で探す必要がある

・確定申告を自分でしないといけないので税金は自分で払う

普通の正社員なら源泉徴収という形で税金関係は全て会社がやってくれます。

でも、個人事業主であるウーバーイーツ配達員は自分でやるか、税理士の先生を雇わないといけません。

税金を払うのは一緒ですが、いくら払うかは自分で計算しないといけないのです。

スーパーめんどくさいぜ!でも大切だからやるしかないぜ!

・副業でやる場合も自分で申告しないと会社に負担がかかってしまう

会社で副業がOKなら申告をしなくても会社からおかしいと言われるだけですが、副業がNGなら最悪辞めさせられてしまうかも。

しかし、自分でやるか税理士の先生にお願いすれば大丈夫です。

自分でやるのが不安なら少しお金がかかっても税理士の先生にお願いするのがいいでしょう。間違いがありません。

・補償も不安が残るので自分で探す必要がある

配達中の事故ならウーバーイーツ配達員も補償があります。

でも、それ以外の移動中の事故や、病気などでは補償がありません。

会社員との一番の違いですが、実際に事故や病気にならないと分からないものです。

登録0円でずっと無料の「フリーナンス」はおすすめの損害賠償保険です。まずはこれに入っておきましょう。

ウーバーイーツ配達員の雇用形態は「まとめ」

・会社員やアルバイトではなく「個人事業主」

・法人契約の会社ならアルバイトのような働き方もできる

・確定申告は自分でしないといけない

好きな時間に好きなだけ働けるウーバーイーツ配達員はとても魅力的です。

でも、会社がやってくれていた事を自分でしないといけなくなるので仕事以外でやる事が増えます。

自己管理ができないと思ったように稼げないのも悩ましい所です。

慣れれば時間を作りやすい仕事ですので、是非挑戦してみて下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。