ウーバーイーツ配達員の車とバイクの違いは?

ウーバーイーツ配達員には車での配達をしている人もいます。

車で配達をすればバイパスも使えますし、天候に左右されないので快適な配達が出来そうです。

しかし、車とバイクとではどこが違うのでしょうか?

この記事では

・ウーバーイーツ配達員は車でも配達ができる!

・車とバイクでウーバーイーツ配達員には違いがあるのか

・ウーバーイーツ配達員を車でするメリット・デメリット

こちらを紹介します。

最近は結構増えてきたぜ!

配達員には支払いもあります。「ウーバーイーツ配達員が支払い期限を過ぎてしまったら?」こちらで紹介しています。

ウーバーイーツ配達員は車でも配達ができる!

車で配達をする方法

・車で配達をするには準備するものが多い

・商品が多くても車ならほぼ問題ない

・貨物ナンバーと自賠責保険は必須

・車で配達をするには準備するものが多い

バイクと違って車だと必要なものが多くなります。

  • 駐車場
  • 貨物ナンバー
  • 車の免許証

バイクよりも手間がかかります。「ウーバー配達員のバイクの攻め方。自転車との違いは?」自転車との違いはこちらをご覧ください。

しかし、それを踏まえても配達はやりやすくなるので選択肢としてはありです。

雨を気にしなくて良いのは楽だぜ!

・商品が多くても車ならほぼ問題ない

大体の場合が商品は2個か3個くらいなのでバッグの半分もあれば十分です。

でも、たまにびっくりするくらい商品の量が多い時があります。

バッグに入るギリギリだと背負うのも入れるのも大変です。

車ならどんだけ多くても気にならず配達をする事ができます。

軽貨物もいけちゃう

・貨物ナンバーと自賠責保険は必須

125ccのバイクまでなら貨物ナンバーを取る必要はありません。

しかし、車になると貨物ナンバー(黒ナンバー)が必要になってきます。

車の運転は危険が多いので任意保険も必須です。

普通のナンバーでの配達は犯罪になるぜ!

車とバイクでウーバーイーツ配達員には違いがあるのか

バイクと車の違い

・配達料はどちらも変わらない

・ガソリン代などの維持費がかなり違う

・天候に左右されないので配達のストレスが違う

・配達料はどちらも変わらない

自転車とバイクだと距離の制限がかかるので配達料が違ってきます。

しかし、車とバイクだと同じ注文が入ってくるので配達料は変わりません。

車だから早かったり、配達員が汗だくじゃなくても貰えるお金は変わりません。

・ガソリン代などの維持費がかなり違う

しっかり走るとバイクのガソリン代は1日500円程度です。

でも、車は1日2000円くらいいってしまいます。

さらに駐車場代もかかり、固定費はバイクの何倍にもなります。

タイヤやオイルなども考えると経費がかさんでしまいます。

「ウーバーイーツ配達員が計上できる経費は何か」経費についてはこちらを参考にして下さい。

車だと税金も高いぜ!

・天候に左右されないので配達のストレスが違う

夏の暑い日や冬の寒い日はバイクだと気合を入れて配達をしないと倒れてしまいます。

でも、車ならカーエアコンがあるので問題ありません。もちろん屋根も付いているので雨や風も問題なし!

車には渋滞以外のストレスはほぼありません。

渋滞はマジでつらい

「フリーナンス」はフリーランスでも入れる損害賠償保険です。

ウーバーのような個人事業主でも登録無料で入れます。補償の少ない仕事なので入れるものは入っておいて損はないです。

ウーバーイーツ配達員を車でするメリット

車で配達をするメリット

・天候に影響されないので悪天候クエストも簡単に取れる

・休憩もそのまま車でできるので長時間の稼働が楽になる

・どんな商品でも運べるので商品の心配をしなくていい

・天候に影響されないので悪天候クエストも簡単に取れる

車なら暑いや寒い、雨や雪のような天候に左右されません。

悪天候クエストも簡単に取れるので売上も上がります。

しかし、家を出るまではバイクと同じなのでまずは出発しないといけません。

クエストについては「ウーバーイーツ配達員のクエストの紹介と達成方法」こちらも参考にして下さい。

濡れないって最高だぜ!

・休憩もそのまま車でできるので長時間の稼働が楽になる

バイクだと公園などで休憩しないといけませんが、車はそのまま車で休憩ができます。

しかも、エアコンが効いているので快適です。

風にあたる時間も少ないので体も楽なので長時間の稼働も体はしんどくないです。

でも運転は神経を使うので気疲れはします。

ながら運転ダメ!絶対!

・どんな商品でも運べるので商品の心配をしなくていい

商品が水であったり、大量のピザなどだとバッグにも入りきるか分からない量の時もあります。

でも、車ならウーバーくらいの商品量なら余裕です。

バッグを2個乗せれば保冷保温も完璧!

バイクより安定もしているので、商品が破損する心配も少ないです。

水20キロでも余裕だぜ!

ウーバーイーツ配達員を車でするデメリット

車で配達をするデメリット

・報酬は一緒なので経費がかさんでしまう

・バイクしか通れない狭いところは歩いて行かないといけない

・渋滞に巻き込まれるとかなり時間がかかってしまう

・報酬は一緒なので経費がかさんでしまう

飛んでくる注文はバイクと同じになります。

しかし、報酬は変わりません。車だからより稼げるわけではないのです。

駐車場代、ガソリン代、維持費、などを考えるとバイクよりかなり割高になってしまいます。

バイクは月々1万ちょい。車は5万超えてくるぜ!

・バイクしか通れない狭いところは歩いて行かないといけない

狭い路地にピック先がある場合もあります。ドロップ先が狭い場合も。

バイクや自転車なら問題ありません。しかし、車は行けるとこまでいってそこからは歩いて行かないといけません。

土地勘がない場合はかなり苦戦を強いられます。

車だと通りにくい場所も

・渋滞に巻き込まれるとかなり時間がかかってしまう

配達の時間帯によっては渋滞に巻き込まれてしまう可能性もあります。

バイクで安全にすり抜けができれば回避できますが、車はそうはいきません。

渋滞する時間と場所を覚える必要があります。配達が遅くなりすぎるとクレームになってしまうかも。

「ウーバーイーツ配達員のクレームの対処法を紹介」クレームについてはこちらも参考にして下さい。

お腹が減っているお客さんはイライラしている事が多いぜ!

ウーバーイーツ配達員は車でも配達できる「まとめ」

・車で配達をしても問題ない

・バイクと売上は変わらないのでかかる経費は増えてしまう

・メリットは天候に関係なく長時間の配達が可能

・デメリットは維持費が数倍かかってしまう可能性がある

車でも配達できますが、コストがかかる分の売上が上がるわけではないので稼げるわけではありません。

しかし、天候に左右されなくなるので配達はかなりやりやすくなります。

交通ルールは守って安全運転で配達しましょう。

ウーバーイーツ配達員の給料は「ウーバーイーツ配達員の給料はどのくらいあるのか?」こちらで紹介しています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ウーバーや出前館を始めるなら「マッハバイト」がおすすめ!

キャッシュバック最大1万円はデカすぎだろ!