ウーバーイーツ配達員って汚い?なぜ汚く感じるのか

ウーバーイーツ配達員が汚いって感じた事はありませんか?

今では外を歩くと必ず見かける配達員ですが、何故か少し汚く感じてしまいます。

この記事では

・ウーバーイーツ配達員が汚く見えてしまう原因

・なぜウーバーイーツ配達員が汚く感じてしまうのか

・実際にウーバーイーツ配達員は汚いのか

・ウーバーイーツ配達員側から汚く感じさせない対策

こちらを紹介していきます。

汚い感じの人が配達してきたらちょっと嫌だぜ!

・ウーバーイーツ配達員が汚く見えてしまう原因

汚く見えてしまう原因

・制服がなく、服装が自由

・いつも外にいて汗だくの人が多い

・配達バッグを地べたに置かないといけない場面がある

・お店の人と違って清潔にしているか分からない

・制服がなく、服装が自由

お店に制服があるのは、どんな人でもある程度いいイメージと清潔感を与えられるようにです。

しかし、服装が自由のウーバー配達員では、各々好きな服を着るので、清潔感を感じられない服装で配達してしまう事もあります。

見る人によっては汚く見えてしまう事もあります。

綺麗と思ってもお客さんは汚いと感じてしまうかもだぜ!

・いつも外にいて汗だくの人が多い

冬はかなり着込んで配達するので大丈夫ですが、夏の配達はかなり暑く、自転車だと汗が止まりません。

それを見て頑張ってるなと思う人もいますが、汗臭くて嫌だと感じる人もいます。

滴る汗くらいは拭いて対面しましょう。

・配達バッグを地べたに置かないといけない場面がある

バッグを置く台を用意してくれているお店もありますが、何もない場合は床か地べたに置くしかありません。

でも、飲食店の入り口はお客さんがたくさん通っているので汚れている場合が多いです。

それを見てしまったら汚いと思ってしまうかもしれません。

しかし、商品を綺麗に入れるには一度下ろしたほうがいいぜ!

・お店の人と違って清潔にしているか分からない

お店なら清潔にするマニュアルがある場合が多く、最低限の清潔さはあります。

しかし、ウーバー配達員はウーバーからの指示はあるのですが、チェックする人はいないので本当に清潔かどうかは分かりません。

ですので見た目が特に重視されてしまうのです。

・なぜウーバーイーツ配達員が汚く感じてしまうのか

配達員が汚く感じてしまう理由

・つまみ食いなどの社会のイメージが悪い

・底辺労働者や乞食のイメージがあるから

・店先の路上に座っている人がいる

・おっさんが多いから

・つまみ食いなどの社会のイメージが悪い

交通ルールを守らなかったり、つまみ食いしたりする人はごく一部の人です。

しかし、メディアは大々的に放送するので、真面目にやっている人にも悪いイメージがついてしまっています。

世間では配達員はだらしないイメージが強いです。

つまみ食いするより、買った方が早いぜ!

・底辺労働者や乞食のイメージがあるから

社会のイメージでは底辺の仕事とよく言われています。

また、1件数百円の注文を取るのに必死で乞食みたいなイメージもあります。

乞食に綺麗なイメージはできないので、ちょっと汚く感じてしまうのです。

・店先の路上に座っている人がいる

暇な時は地蔵と言ってお店の前で注文を待っている人もいます。

しかし、待っている時の態度が悪い人が多く、座ってタバコを吸っていたり、ジュースなどのゴミを捨てたりしています。

子供でもないのに路上に座っているとイメージが悪いですよね。

人に見られてる感覚が少ない人が多いぜ!

・おっさんが多いから

完全な偏見なのですが、綺麗なおっさんは少ないです。

トラック運転手や警備員などは体力がいるのでおっさんじゃないと無理ですが、あまり綺麗なイメージを持たれていません。

少し年齢が高い男性なだけで汚いイメージを持たれるのはちょっと悲しい社会です。

おっさんがいるから住む環境ができていると忘れてはいけない

「フリーナンス」はフリーランスでも入れる損害賠償保険です。

無料で登録でき、ウーバーも個人事業主なので入れます。もしもの時に役に立ちます!

・実際にウーバーイーツ配達員は汚いのか

配達員が汚いところ

・配達バッグを綺麗にしていない場合が多い

・常に屋外にいるので手を洗う機会が少ない

・食品に直接触る機会はないので衛生的には問題ない

・配達バッグを綺麗にしていない場合が多い

黒いウーバーの配達バッグは汚れが目立ちにくいデザインをしています。

汚れているイメージを付けにくくして良いのですが、汚れたように見えないのであまり綺麗にしない配達員が多いです。

壊れたり、汚れたりしたら買い換える人だと、一度も綺麗にしない場合もあります。

「ウーバーイーツ配達員のバッグは汚いのか」詳しくはこちらで紹介しています。

良くも悪くも汚れが目立ちにくいぜ!

・常に屋外にいるので手を洗う機会が少ない

屋外では常に目に見えない小さなゴミやチリが飛んでいます。

当然、外にいる時間が長い配達員はゴミが付着してしまうのですが、手を洗うにはコンビニでトイレを借りるか、公園に行くくらい洗う時がありません。

スマホもかなり汚いぞ!

・食品に直接触れる機会はないので衛生的には問題ない

預かる商品はビニール袋で包装してあり、バッグの中は汚れにくいので衛生的には問題ありません。

しかし、清潔感のない人が運んできた商品は関係ないと分かっていても汚く感じてしまいます。

実際に汚いかどうかではなく、イメージの問題です。

第一印象も大切だぜ!

・ウーバーイーツ配達員側から汚く感じさせない対策

汚く感じさせない対策

・ボロボロの靴、服装をしない

・半ズボンを履くならすね毛を処理する

・バッグの側面に物を入れすぎない

・対面した時は笑顔をしっかり出す

・ボロボロの靴、服装をしない

消毒して清潔にしていても、みすぼらしい格好だと汚く見えてしまいます。

靴がボロボロであったり、Tシャツがヨレヨレだと余計にです。

おすすめは「セカンドストリートで古着のユニクロを買う」です。

古着で安いですし、無地の無難なやつならどんな服装にも合い、清潔感も出せます。

・半ズボンを履くならすね毛を処理する

「毛」は不潔に見える代表格です。あまり見せすぎると不快に思われてしまいます。

腕もそうですが、半ズボンを履くならすね毛の処理は地味に大切です。

しかし、脱毛は高いので最初は脱毛クリームから試してみましょう。

それでも濃い場合は脱毛クリニックに行くという選択肢もあります。

・バッグの側面に物を入れすぎない

バッグの側面には小物を入れるメッシュのポケットがあります。

モバイルバッテリーや飲み物を入れる事ができますが、ここにゴミを入れてしまうと汚く見えてしまいます。

物がたくさん入っていてごちゃごちゃしていても綺麗に見えません。

可能ならバッグの中に入れた方がいいぜ!

・対面した時は笑顔をしっかり出す

笑っている人と無表情で喋らない人だと、笑っている人の方がイメージが良いのは当たり前です。

しかし、イメージだけではなく笑顔があった方がたとえ汚い格好でも悪く見えにくいです。

笑顔の練習は難しいですが、日頃から意識していれば自然に出るようになります。

かつらがづれても笑顔なら大丈夫!

ウーバーイーツ配達員が汚く見える「まとめ」

・個人の感覚で業務をするから汚く見える時がある

・社会のイメージが悪いので汚い印象がある

・チェックする人がいないので汚い場合も多い

・意識すればすぐに汚い印象はなくせる

バッグの消毒はコロナの影響もあり、対策している人は増えてきました。「ウーバーイーツ配達員はコロナ感染しやすいのか?」こちらでも紹介しています。

しかし、チェックする人がいないのは変わっていないので、個人の感覚に任せてしまっている環境になっています。

自分で気がつくのは中々難しいので、常に意識したいところですね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ウーバーや出前館を始めるなら「マッハバイト」がおすすめ!

キャッシュバック最大1万円はデカすぎだろ!

マッハボーナスは、13時〜15時、17時〜19時、21時〜23時、に開催しやすいぞ!